×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

運動不足からも血行不良

冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)対策としては、ほかにも色々と対策方法があります。冷え性(漢方薬やサプリメントなどで改善できることもあります)は血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)が原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)と説明しましたが、運動不足からも血行不良(自律神経の乱れや運動不足など、様々な要因が考えられます)になることがあります。

運動不足(休日などにいきなりハードな運動を行うと、かえって体に負担をかけてしまいますから、徐々に運動量や負荷を増やしていきましょう)になってしまったら筋肉の働きも鈍くなってしまいます。特にふくらはぎ(正式名称は腓腹筋でマッサージをすると細くなるでしょう)の筋肉が鈍くなってしまったと、足の指なんかの末端まで血液を送り出せなくなるので、血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)となり冷え性になってしまいます。

ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれ、血液を末端までに送り出している大切なのが主な役割になります。冷え性を改善する為に、このふくらはぎ(マッサージすると健康にいいといわれています)を含めた筋肉全体を、程よく動かすことが大切です。た全ての筋肉の機能が落ちてしまうと、それだけで血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)になってしまうようです。適度な運動は血流を良くして、身体の機能を回復させる効果があります。また運動により新陳代謝(古い細胞と新しい細胞が入れ替わることなどをいいます)が活発になることも、冷え性(体の末端が常に冷えた状態であることです)予防のためには効果があります。